2006年05月07日

ギター、ウクレレ共に充実

GWも最後ですねー。
楽しかっ〜たヒトトキが〜♪
・・・カックラキンのエンディングの曲です・・・・古ッw
知らないお若い方達。。お父さん、お母さんに聞いてね(^◇^)

さて、ギターの話し。
先日買ったフュージョンギターテクニックの本がジワジワと威力を発揮してまして。
1500円とコノ手の本にしてはナカナカお求め安い価格ながら、
いいですよ、この本^^
コノ本のみで、独学で練習ってのはさすがにきついと思いますけどね。
誰かから教わってるとか、レッスンに行ってるとか、
そういう方にはいいんじゃないですかねー。
実際、この本に載ってるテクニックを完璧にできたとしたら・・・・
アンタ、どこにいっても恥ずかしくないカナリのギタリストですよw
全部は、もちろん無理だし。。
って、そのくらいの軽い気持ちのような、
イヤ、全部やってみたいと少々気合が入ってるような、
そんな微妙なバランスを保った状態でこのテクニック本に臨んでおります^^

タナカの好きなスケール練習も、バリエーションが色々載ってるしね。
今までは、クロマチックとCメジャースケールばかりをしていたんですが。
そこから、ロック系だ、ブルースだー、オルタード・・・なんとかだーーとw
いろんなスケールが載っております。。。
練習になりますねー^^

そして、タナカさんは今はそれと平行してハンマリングとプリングを頑張っております。
コレは、簡単に言うとピッキングしないんですよ。
簡単に言い過ぎましたねw
普通、ギターは弦を左手で押さえて右手でピッキングして音を出してますが。
ハンマリングは一個目の音をピックで出してたら、
次の音は右手でちょっと強く弦を押さえて音を出します。
押さえる方なので、最初の音よりもハンマリングは高い音を出す時ですね。
プリングは逆に次の音が低い場合で、
押さえていた最初の音から指をこするように離して、
これまたピッキングをしないで音を出しますね。
まぁ、簡単に言うとピックとかしないでも、弦を強く触ると音が出ますよね、ギターってw
どちらもピッキングをしないので、滑らか感がありますね。
ラリー・カールトンはこの弾き方がスゴイ人ですねー。
どこでピッキングしてるのか、さっぱり分かりませんよ^^
天才って言われてる人は、やっぱりスゴイです。
そして、プリングはかなり難しいデス・・。

難しいテクニックに、嫌気がさした時にはウクレレジブリで心を癒す^^
相変わらず、テンポ早く弾けないので、
ものすごーーーく悲しい感じなジブリの曲になっております。。
そして、ウクレレもウクレレ用のピックを使って弾いてるんですが、
ウクレレって小さいのでずり落としそうになるんですよねw
アグラをかいて、ウクレレが落ちないように、
ちょいとタテめに持って、悲しい感じで曲を弾く・・・
・・タナカさん、びわ法師のようですw

posted by タナカさん at 22:23| Comment(2) | TrackBack(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゴールデンウィークは我が家もどこにも出掛けずにお庭をいじってましたよ
ところで
タナカさんのギター久しぶりに聞きたいっすミッキーさんは上達してますか?
以上 携帯から初書き込みしてみました
\(^O^)/
Posted by ヒロシ at 2006年05月08日 12:28
ちわっす(^O^)/
真似して、携帯から初コメしてみました〜。

ギターはねぇ、相変わらずアンナ感じですよ…。
ウクレレは曲をやってますからね。まだ聞けるかも。
ただ、聞くと悲し〜い気持ちになりますけどね(^_^;)

Posted by タナカ at 2006年05月08日 12:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17511927

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。